BLOGブログ

倉敷美観地区に『暮らしの宿 てまり』をオープンしました

倉敷美観地区の『暮らしの宿てまり』

2018年6月26日、私たちは『ゲストハウス有鄰庵』、『新古民家再生空間 Barbizon』に続く3つめの宿として、『暮らしの宿 てまり』をオープンしました!

倉敷美観地区『暮らしの宿てまり』ロゴ

倉敷美観地区の『暮らしの宿てまり』十河隆史の器

『暮らしの宿 てまり』は、倉敷美観地区の中心で「もの」を主役にした、一日一組限定のちいさなお宿です。

古くから日本、特に岡山・倉敷に息づいてきた伝統、素材、技法が、現代的なかたち・デザインで表現された品々を揃えました。
器、テーブル、花器、そして五右衛門風呂…。

この宿に泊まっていただく中で、そうした手しごとの品々に実際に触れて使っていただくことで、その良さを感じていただくことをコンセプトにした宿です。

倉敷美観地区の『暮らしの宿てまり』館内

倉敷美観地区の『暮らしの宿てまり』五右衛門風呂

昔から脈々とつづくものを感じる、ささやかな喜び。
伝統の上に新しく生まれたスタイルを発見する、ちょっとした楽しさ。

それらを感じる暮らしこそ、きっとこれからの時代の豊かさにつながるはずです。

倉敷美観地区の町並み

倉敷は、1948年に日本で二番目の民藝館が建てられたこともあり、古くから民藝運動が盛んな町。

そうした気質が今も脈々と受け継がれている町だからこそ、私たちはこうした『暮らしの宿』を作りたいと考えました。

なによりも、美観地区の中心で、その町並みを眺めながら過ごす時間は、日常とは切り離された体験。

ぜひ、私たちの宿での新しい発見を、ご自身の日々の暮らしにお持ち帰りください。

『暮らしの宿 てまり』の詳細、ご予約はこちらから。
暮らしの宿 てまり | 倉敷美観地区の一日一組限定の和宿

この記事を書いた人

犬養 拓

犬養 拓

母方が倉敷の町にゆかりの深い大原家ということもあり、愛着のある倉敷のために、広告代理店で培った知見と経験を生かして2015年1月より有鄰庵に加わり、2016年7月に代表に就任。 スタッフからは「ワンさん」「ワンちゃん」と呼ばれています。 有鄰の企業理念である「心の豊かな暮らしを創る」ことを目指す。 好きなものはリラックマ。