BLOGブログ

美観地区に新しい日本料理店『Bricole(ブリコール)』をオープンします

美観地区の日本料理店『Bricole(ブリコール)』ロゴ

こんにちは。
株式会社有鄰の代表の犬養です。

この度、2019年10月5日(土)に、倉敷美観地区にて日本料理店『Bricole(ブリコール)』をオープンいたします。

弊社としては、美観地区まわりで7つ目の業態のお店になります。

倉敷美観地区の日本料理店『Bricole(ブリコール)』料理長・矢長謙三(やながけんぞう)

料理長は、倉敷出身の矢長謙三(やながけんぞう)さん。

市場や生産者さんのところに通って見極めた食材をもとに、体に優しい本格的な日本料理をつくる料理人です。

写真からもにじみ出ている通り、性格は穏やか。

僕がお会いして、料理の腕はもちろんなんですが、人柄的にも「この人となら会社として一緒にやっていける」と感じた人です。

美観地区の日本料理店『Bricole(ブリコール)』の料理

『Bricole(ブリコール)』という店名の由来

お店の名前は、『Bricole(ブリコール)』という、日本料理店らしからぬ横文字です。

この『Bricole(ブリコール)』という店名はフランス語のBricolage(ブリコラージュ)に由来し、寄せ集めてつくることを表しています。

矢長さんと話していて初めて知ったのですが、ごちそうという単語に使われる「馳走」という言葉、もともとは「ただ走り回る」という意味だったのが「走り回って寄せ集めた食材で料理を作ってもてなすこと」の意になったそうです。

そこで、『Bricolage(寄せ集めてつくること)』という言葉に「ご馳走でもてなす」という言葉の意味を重ねて、名付けました。

なお、『Bricole』はフランス語の動詞『Bricoler(ブリコレ)』の活用形で、『Bricolageする』という動詞を表しています。

ぜひいらしてください

矢長さんの料理のおかげで、美観地区でも特徴ある日本料理店になっていると思います。

皆さま、ぜひいらしてください。

ご来店時は、以下のウェブサイトかお電話でご予約いただけると幸いです。

https://www.bricole.info/
086-425-6611

以下、追記です。

オープン当初のメニュー

オープン日、実際に僕もお客さんとしていただいてきました。
正式にオープンして僕が一人目のお客さんです。笑

その日のランチ、こんなメニューです。

自分のところのお店ながら、これだけ手の凝ったお料理のバラエティが2,800円というのは、とてもお値打ちだとも思います。

倉敷美観地区の日本料理店Bricole(ブリコール)の料理

倉敷美観地区の日本料理店Bricole(ブリコール)の料理

汲み上げ湯葉のゼリー餡掛け
ヌメタレゴチの天ぷら
揚げ銀杏
海苔入りだし巻き卵
ママカリの南蛮漬け
明治ごぼうの胡麻酢浸し
人参の梅漬け
メンパチのあめに
子持ち鮎の甘露煮
小鯖の燻製
ピーマンのお浸し
椎茸の酢漬け
いとうりと生姜の甘酢つけ
クロバイ貝の潮煮
生落花生の塩茹で
鴨ロース
枝豆
ダツの塩焼き

倉敷美観地区の日本料理店Bricole(ブリコール)の料理

とうもろこしのすり流し

倉敷美観地区の日本料理店Bricole(ブリコール)の料理

栗ごはんのカラスミがけ

倉敷美観地区の日本料理店Bricole(ブリコール)の料理

菊と水菜のすり流し 鱧の天ぷら、米ナス、ひらたき、柚子

そして最後に、以下がお食後として。
(写真、撮り忘れました…)

ピオーネ
八つ橋風葛餅
シルクスイートの茶巾 浜納豆入り

メニューはもちろんその季節に応じて変わります。
僕自身、これからこのお店に通うことが楽しみです。

この記事を書いた人

犬養 拓

犬養 拓

母方が倉敷の町にゆかりの深い大原家ということもあり、愛着のある倉敷のために、広告代理店で培った知見と経験を生かして2015年1月より有鄰庵に加わり、2016年7月に代表に就任。 スタッフからは「ワンさん」「ワンちゃん」と呼ばれています。 有鄰の企業理念である「心の豊かな暮らしを創る」ことを目指す。 好きなものはリラックマ。