BLOGブログ

【カフェ有鄰庵】2019年パンナコッタ売上からの寄付額のご報告

カフェ有鄰庵、公益財団法人岡山県動物愛護財団への見学

こんにちは。
代表の犬養です。

カフェ有鄰庵』のスイーツメニュー、パンナコッタ。
パンナコッタだけに、パンダの絵をスタッフが一つずつ手で描いています。

カフェ有鄰庵のパンナコッタ

このパンナコッタは売上の一部を公益財団法人岡山県動物愛護財団さんに寄付しています。

これは2018年から行っている取り組み。
動物好きなスタッフが多い有鄰庵として、熱心な取り組みをされている地元の公益財団を少しでも支援させてもらいたいという思いでやっているものです。

2018年にカフェ有鄰庵のスタッフを中心に岡山県動物愛護財団さんの施設を見学させてもらい、行っている取り組みを聞かせてもらいました。

カフェ有鄰庵、公益財団法人岡山県動物愛護財団への見学

カフェ有鄰庵、公益財団法人岡山県動物愛護財団への見学

カフェ有鄰庵、公益財団法人岡山県動物愛護財団への見学

ちょうど2019年が終わったので、この年の寄付総額をご報告させていただきます。

2019年の寄付総額:176,610円

自分たちができる範囲で誰かの役に立つことを

うちの会社としては、まず会社が自立していくこと、スタッフにとっての働く環境を整えることが第一ではありますが、その上で少しでも世の中に貢献できる会社でありたいと思っています。

その「世の中への貢献の仕方」については、スタッフがやりたいこと・支援したいことの意思もあわせて決めています。

僕個人としても、日本にはまだまだ寄付をする文化が薄いので、それだけにいっそう自分たちができることから行動をしたいと考えています。

この岡山県動物愛護財団さんへの寄付は、そうした考え方で行っているものです。

2020年も継続してお力になれるよう、私たちも頑張りたいと思います。

この記事を書いた人

犬養 拓

犬養 拓

母方が倉敷の町にゆかりの深い大原家ということもあり、愛着のある倉敷のために、広告代理店で培った知見と経験を生かして2015年1月より有鄰庵に加わり、2016年7月に代表に就任。 スタッフからは「ワンさん」「ワンちゃん」と呼ばれています。 有鄰の企業理念である「心の豊かな暮らしを創る」ことを目指す。 好きなものはリラックマ。