私たちの会社のこと About Us

私たちの価値感(CREDO)

私たちが大事にしている価値感は、この三つです。

  1. 全力で挑戦する
  2. 「人」に向き合う
  3. しなやかに生きる

これらの価値観を、もう少し具体的な3つの要素に分けると、このように考えています。

  1. 全力で挑戦する
    • すぐやる。必ずやる。できるまでやる。
    • 全員が当事者であり経営者。
    • 100%の満足より120%の感動を。
  2. 「人」に向き合う
    • 謙虚に、素直に、誠実に。
    • 与えて、与えて、与える。
    • 自分を知り、相手を知り、受け容れる。
  3. しなやかに生きる
    • 強い意志をもち、柔軟に考える。
    • ユニークな価値を創る。
    • IQよりも愛嬌。

1.全力で挑戦する

  • すぐやる。必ずやる。できるまでやる。
  • 100%の満足より120%の感動を。
  • 全員が当事者であり経営者。

目標や成果に向かって妥協をしないこと。
チームで協力し合いながら一丸となって、上を上を目指していくこと。
そして、自分が未知のもの・ことに対して常に好奇心をもって探求を続け、チャレンジをし続けること。

私たちは、そうした価値感を尊重します。

会社で働いている時間というのは、家で過ごす時間よりも長いこともあります。
その時間を充実したものにできるかどうか、楽しみながら成長できているかどうかが、その人の人生が豊かなものになるかどうかの分かれ目です。

会社での時間の中で、当事者意識をもちながら全力で挑戦できている人は、それだけ学びも多くなります。

ラクに生きようとするよりも、その方がきっと人生が充実したものになると、私たちは考えています。

2.「人」に向き合う

  • 謙虚に、素直に、誠実に。
  • 与えて、与えて、与える。
  • 自分を知り、相手を知り、受け容れる。

どんな仕事でも、商品でも、お店でも、必ず人が関わっています。
それを伝える先には人がいますし、それが生まれるところにも人がいます。
何より、この会社で一緒に仕事をしている仲間も、「人のあつまり」です。

だからこそ、外に向けてより良い仕事をするため、そして内側の私たちもそれを楽しくチームワークよく働くために、「人のことをちゃんと考える」ことがとても大事だと考えています。

どういうことをすれば、人が喜んでくれて、世の中がよくなるのか。
同じものを目指す仲間を、きちんと大事にできているのか。

外に向けて発信する事業と会社の内側の働きやすさ、どちらも実現するための最大のキーワードが「人」です。

そして有鄰のスタッフであれば、相手からの見返りを求めなくてもまず自分が与えることから考えられる人になってほしいと思っています。

3.しなやかに生きる

  • 強い意志をもち、柔軟に考える。
  • ユニークな価値を創る。
  • IQよりも愛嬌。

「しなやかさ」というのは、これからの時代、ますます大切になる要素だと考えています。

そのためには、自分の外側に対してと内側に対して、どちらも磨かなければいけません。

外側に対しては、常に好奇心をもって、様々な情報にふれ、人と出会うこと。
凝り固まった価値感にとらわれず、自分をアップデートし続けること。

その一方で、内側に対しては、自分のことを内省する時間をとることも大切。
世の中にはますます情報が溢れていますが、自分が最も知っておく必要があるのは自分自身のことです。
自分以上に、自分のことを分かってくれる人はこの世にはいないんです。

その二つをあわせて、相手のことや世の中のことを理解し受け容れながら、自分の強い意志ももつ。
そうやって自分の内側と外側のことをどちらもよく分かる人が、ちょっとのことでは折れることのない、しなやかな人です。

そのしなやかさというのは、仕事の上では新しいアイディアを生み出し、生活の面では笑顔のたえない日常をもたらしてくれるものです。

しなやかに、何かに依存せず自立できていることは、何より「心の豊かな暮らし」につながります。

目指す人物像(IDEAL)

私たちが目指す理想像は、このような人です。

  • 「人」のプロになる
  • 「ユニークである」と同時に「気が利く」

世の中に向けてより高い価値を生み出すために、そして同じチームでより心地よく働くために、本質的に必要なのがこの要素だと考えます。

株式会社有鄰 社名の由来

『株式会社有鄰』という名前は、論語にある言葉からとっています。

「徳不孤必有隣(徳は孤ならず必ず隣あり)」。
「徳のある人の周囲には同類の仲間が自然と集まる」という意味です。

自分たちが背筋をしゃんと伸ばして活動をしていくことで、同じような仲間がどんどん増えていってほしいという願いを込めています。

なお、倉敷の美観地区にある、特に大原家と縁のある会社は「有隣」と名のつくものが多くなっています。

『有鄰』という名前には、先人の功績に負けないように、胸を張って事業を行っていきたいという思いも込めています。

コーポレートロゴに込めた思い

株式会社有鄰コーポレートロゴ

空襲で燃えずに残された倉敷の古い街並で特徴的なのが、ナマコ壁の建物が並ぶ佇まい。

そのナマコ壁の建物をモチーフとして、要素を削ぎ落としたデザインにまとめてもらいました。

一軒の家、一つの家族のように、ここで働くスタッフの幸せもつくっていくという企業姿勢も表しています。

このロゴは、岡山県西粟倉村のデザイン会社『nottuo』さんに作ってもらいました。

本社住所・連絡先

〒710-0054 岡山県倉敷市本町2-15

TEL:086-426-1180
FAX:086-426-1185

お問い合わせはこちらから。

岡山県倉敷市本町2-15

会社概要

会社名 株式会社有鄰
設立年月日 2011年1月11日
代表者 犬養 拓(代表取締役)
従業員数 37名(社員/アルバイト合計)
※2018年7月現在
本社所在地 〒710-0054岡山県倉敷市本町2-15
連絡先 Tel 086-426-1180
Fax 086-426-1185
Email welcome@yuurin.co.jp
資本金 1,000,000円
主要取引銀行 中国銀行、玉島信用金庫
事業内容 「心の豊かな暮らしを創る」という企業理念に沿った、倉敷美観地区を拠点とする事業。
1.古民家カフェ『有鄰庵』
2.古民家ゲストハウス『有鄰庵』
3.一棟貸しのリノベーション古民家宿『Barbizon』
4.岡山・倉敷のいいものをあつめたお店『美観堂』
5.旬の素材をつかったスイーツカフェ『はれもけも』
6.手しごとの品に触れる宿『暮らしの宿 てまり』
7.岡山・倉敷のいいものを他地域に伝える地域商社事業

会社沿革

2011年(平成23年)1月11日 会社設立。
2011年(平成23年)4月29日 ゲストハウス&カフェ『有鄰庵』を倉敷美観地区にオープン。
2015年(平成27年)3月 代表取締役に中村慶生が就任。
2015年(平成27年)5月23日〜25日 渋谷ヒカリエにて『地域と生きるゲストハウスサミット』を3日間開催。
2015年(平成27年)9月 『新古民家再生空間バルビゾン』を倉敷美観地区にオープン。
2016年(平成28年)8月1日 代表取締役に犬養拓が就任。
2017年(平成29年)2月 岡山のいいものを首都圏など他地域でも広める地域商社事業をスタート。
2017年(平成29年)4月28日〜5月7日 『美観堂』を倉敷美観地区の『有鄰庵』のお隣にプレオープン。
2017年(平成29年)6月1日 『有鄰庵』の隣にプリンなどを製造する『有鄰庵おかしキッチン』をスタート。
2017年(平成29年)6月10日 「岡山・倉敷のほんとうにいいものを」をコンセプトにしたお店『美観堂』を倉敷美観地区の『有鄰庵』のお隣に本格オープン。
2017年(平成29年)10月11日 旬の素材をつかったスイーツカフェ『はれもけも』を倉敷のえびす商店街にオープン。
2017年(平成29年)11月 1日1組限定の宿『暮らしの宿 てまり』を美観地区にプレオープン。
2018年(平成30年)6月27日 1日1組限定の宿『暮らしの宿 てまり』を美観地区に本格オープン。