代表からのメッセージ CEO message

こんにちは。
株式会社有鄰の代表をしている犬養といいます。

ここでは僕がこの有鄰という会社をなぜやっているのか、なぜこういう会社にしているのかという話を書かせてもらいます。

株式会社有鄰代表犬養プロフィール写真

美観地区の倉敷川のほとりで。スタッフのあだちに撮ってもらいました

なぜ「心の豊かな暮らしを創る」という企業理念にしたのか

私たちの会社は、「心の豊かな暮らしを創る」を企業理念としています。

「心の豊かな暮らし」というのはやや抽象的なビジョンですが、それを生むためのキーとなる要素として、以下の4つを具体的な事業領域としています。

  • 地域資源をプロデュースし、身近な人たちに貢献し大切にすること
  • サスティナブルでなおかつ楽しい、食の文化と循環を生むこと
  • 伝統と文化を大切にし、自らそれらを生み出すこと
  • 自立した人を増やす教育をつくりだすこと

この企業理念を策定した経緯

美観地区の川舟流し

ゆったりとした時間が流れる倉敷の美観地区。私たちの会社の本社がある場所です

僕が株式会社有鄰の代表になった2016年8月、最初に着手したのがこの企業理念を明確に言語化することでした。

この「心の豊かな暮らしを創る」という企業理念には、僕がこれまで生きてきた人生での経験や考え方が込められています。

僕が育った日本という国は、これから人口やGDPが徐々に減っていくことがほぼ確定している国です。

それはイコール、総体としてはこれまでのようにお金やモノを得られる生活が徐々になくなっていくことを意味しています。

それはほぼ既定路線なのですが、ただお金やモノがないことが不幸せになることかと言えば、必ずしもそうではありません。

世界を見渡しても、日本よりもお金やモノがなくても幸せに生きることができている国はたくさんあります。

そこでお金やモノに頼らなくとも幸せな人生を歩めている状態を「心の豊かな暮らし」と表現し、そうした生き方ができる人を少しでも増やしたいと思っているのがこの会社です。

そしてその「心の豊かな暮らし」というのは何によって生み出されるのだろうと考え、事業の指針にした四つが、上に挙げたものです。

  • 地域資源をプロデュースし、身近な人たちに貢献し大切にすること
  • サスティナブルでなおかつ楽しい、食の文化と循環を生むこと
  • 伝統と文化を大切にし、自らそれらを生み出すこと
  • 自立した人を増やす教育をつくりだすこと

身近な人を大切にできるようになりたい。人も会社も。

カフェ有鄰庵スタッフゆっちゃんの誕生日祝い

スタッフ・ゆっちゃんのサプライズお誕生日祝いをしたときです

この四つの事業領域のうち、一つ目の「地域資源をプロデュースし、身近な人たちに貢献し大切にすること」という点には、事業だけでなく僕の人生での考え方が特に入っています。

例えば僕が子育てをしたり、親や親戚の介護をしたりその看取りをしたりしてきた中で、「人は最終的にはごくごく小さな繋がりの中に収まっていって、そこが幸せな環境であるかどうかがその人の幸福度に直結する」ということをとても感じています。

それはもちろん幼年期や老年期だけでなく、例えば仮に仕事がうまくいっていても、家庭や恋人と諍いがあったりうまくいっていなかったりしたら、結局はその毎日って満ち足りたものではなくなってしまいませんか。

そうした考え方から、株式会社有鄰としては会社として「身近な人たちを大切にする」ということを指針として掲げています。

その考え方は、社員の評価制度にも落とし込んでいますし、その結果それがうちの一つの社風のように育ってきている実感もあります。

「身近な人たちを大切にする」ということを会社の体外的な事業にあてはめると、それは「地元の人たちに貢献をする」ということだと考えています。

私たちは事業上の「身近な人たち」というのを「岡山県内」と区切り、飲食店ではなるべく岡山県内のものを使い、宿では近隣のおすすめの土地をご案内し、ショップでは岡山県内のもののみを取り扱っています。

そうして岡山県内のいろんな人たちに落とされるお金を増やすことが、事業面では最も分かりやすい身近な人への貢献だと考えています。

また、体外的な事業だけでなく、従業員に会社として与えることができるものをなるべく差し出す、ということも強く意識しています。

それらは例えばこれからの時代に必要な能力を伸ばせる環境や教育、余計なストレスが生まれない風通しのいい社風、完全に透明な経営数字の開示、などが挙げられます。

さらに言えば、うちの会社で働く人たちは、仕事だけでなくプライベートな部分で家庭や恋人・友人などをきちんと大事にできる人であってほしいとも思っています。

なぜならそれが従業員の人生の中での幸せにも直結することでもありますし、そうした人を増やすことをミッションとした会社であるからです。

プライベートな部分は会社として全て踏み込めない領域ではありますが、少しでもそれができる人が育っていける環境である会社にしたいとは思っています。

私たちの強みでもある社風についての考え方

株式会社有鄰コミュニケーションミーティングでの昼ごはん風景

月に一度の全社ミーティングの日、お昼ごはんの光景

会社で働いている時間は、プライベートの時間と同じぐらい長いですよね。
だからその時間が人生にとって大切なのは、もはや当たり前のことです。

ただ、僕が12年間のサラリーマン経験で自分の会社や取引先の様々な会社を見てきて、特に日本の会社には働く上で本来は必要のないストレスがとても多いなと感じてきました。

例えば以下のようなことです。

  • 上司への意見をとりあってくれない、不条理な上下関係
  • 聞いてもよく分からない說明をする上司
  • 時間だけ過ぎて延々と決まらない会議
  • 誰かの悪口や愚痴が多い同僚

上記のようなことは、会社をイヤになっていく原因にもなるものです。

「会社のビジョンに共感できなくなった」などの理由よりも、上記のような会社としての雰囲気や人間関係が原因で働くのがイヤになる人の方が多いものです。

僕が自分で会社をするにあたって、上にあるようなことは自分の会社では一切なくしたい、と思っています。

それらは本来の仕事の本筋ではない部分なのに、それが原因で働く人の時間や能力を削いでいく様がとてもイヤだったんです。

その考え方がベースにあり、そこから会社の仕組みやルール、人事を策定してきました。

ベースはあくまで「人」です

株式会社有鄰コミュニケーションミーティングの風景

月に一度、全社員が集まる『コミュニケーションミーティング』の光景

そういった「社風」や「社内の人間関係」を生み出しているのは、結局は人の行動です。

そのため、うちの会社では「人に向き合うこと」をとても大事にしています。
大事にしているどころか、チームをしっかり成り立たせるためにそれは必須と考えています。

具体的には、例えば誰かのことをネガティブに言いがちな傾向がある人はまず採用の時点で採らないようにしていますし、働いていく中でそうした言動があったら本人に何がどういけないかを伝えます。

上で挙げたような会社の雰囲気や人間関係は、その原因となっている人の言動を放置してしまっているから事態が悪化していくので、良くないものは良くないと伝えることが大事です。

とは言っても、人が相手なので、それをしっかり言うこと自体にエネルギーが要ることはたしかです。

ただ、僕を含めてそういう点でも人に対して向き合える仲間を増やしていくことが、私たちが理想とするチームや働き方、社風に近づいていける道だと考えています、

私たちが大切にしている3つの価値観

私たちが働くにあたって会社の中で大切にしている、3つの価値観があります。

  1. 全力で挑戦する
  2. 「人」に向き合う
  3. しなやかに生きる

これらの価値観について、どういうことなのかをご説明します。

1.全力で挑戦する

  • すぐやる。必ずやる。できるまでやる。
  • 100%の満足より120%の感動を。
  • 全員が当事者であり経営者。

目標や成果に向かって妥協をしないこと。
チームで協力し合いながら一丸となって、上を上を目指していくこと。
そして、自分が未知のもの・ことに対して常に好奇心をもって探求を続け、チャレンジをし続けること。

私たちは、そうした価値感を尊重します。

会社で働いている時間というのは、家で過ごす時間よりも長いこともあります。
その時間を充実したものにできるかどうか、楽しみながら成長できているかどうかが、その人の人生が豊かなものになるかどうかの分かれ目です。

会社での時間の中で、当事者意識をもちながら全力で挑戦できている人は、それだけ学びも多くなります。

ラクに生きようとするよりも、その方がきっと人生が充実したものになると、私たちは考えています。

2.「人」に向き合う

  • 謙虚に、素直に、誠実に。
  • 与えて、与えて、与える。
  • 自分を知り、相手を知り、受け容れる。

どんな仕事でも、商品でも、お店でも、必ず人が関わっています。
それを伝える先には人がいますし、それが生まれるところにも人がいます。
何より、この会社で一緒に仕事をしている仲間も、「人のあつまり」です。

だからこそ、外に向けてより良い仕事をするため、そして内側の私たちもそれを楽しくチームワークよく働くために、「人のことをちゃんと考える」ことがとても大事だと考えています。

どういうことをすれば、人が喜んでくれて、世の中がよくなるのか。
同じものを目指す仲間を、きちんと大事にできているのか。

外に向けて発信する事業と会社の内側の働きやすさ、どちらも実現するための最大のキーワードが「人」です。

そして有鄰のスタッフであれば、相手からの見返りを求めなくてもまず自分が与えることから考えられる人になってほしいと思っています。

3.しなやかに生きる

  • 強い意志をもち、柔軟に考える。
  • ユニークな価値を創る。
  • IQよりも愛嬌。

「しなやかさ」というのは、これからの時代、ますます大切になる要素だと考えています。
そのためには、自分の外側に対してと内側に対して、どちらも磨かなければいけません。

外側に対しては、常に好奇心をもって、様々な情報にふれ、人と出会うこと。
凝り固まった価値感にとらわれず、自分をアップデートし続けること。

その一方で、内側に対しては、自分のことを内省する時間をとることも大切。
世の中にはますます情報が溢れていますが、自分が最も知っておく必要があるのは自分自身のことです。
自分以上に、自分のことを分かってくれる人はこの世にはいないんです。

その二つをあわせて、相手のことや世の中のことを理解し受け容れながら、自分の強い意志ももつ。
そうやって自分の内側と外側のことをどちらもよく分かる人が、ちょっとのことでは折れることのない、しなやかな人です。

そのしなやかさというのは、仕事の上では新しいアイディアを生み出し、生活の面では笑顔のたえない日常をもたらしてくれるものです。

しなやかに、何かに依存せず自立できていることは、何より「心の豊かな暮らし」につながります。