創ってきたもの Works

企業理念の「創る」を体現しています

私たちの会社の企業理念は、「心の豊かな暮らしを創る」。

ここで「creation」「innovation」という意味の強い「創る」という言葉を使っていることには、大きな意味を込めています。

これからの時代の「心の豊かな暮らし」を実現するには、まずは私たち自身が強靭な意思をしなやかな考え方をもってクリエイティブでいなければいけないからです。

このページでは、私たちがこれまでに会社の中で「創ってきたもの」を並べています。

言ってみれば私たちの「作品集」ですが、よくあるデザイン会社の「WORKS」と異なるのは、それらが事業のこともあれば仕組みのこともある、という点です。

他の会社や取り組みを参考にすることもありますが、結局最後は自分たちのオリジナルで一から考えてしまうケースがほとんどです。

その方が自分たちの組織にフィットした、自分たちらしいものが出来上がるからです。

これらをまとめてみると、私たちの会社のことがより伝わるかもしれません。

これからも、私たち自身のアイディアやその身の回りにあるものを活かしながら、価値のあるものを創っていきたいと考えています。

事業・店舗

美観堂(美観地区本店)

美観堂のロゴ

美観堂美観地区本店の外観

2017年4月プレオープン。
2017年6月10日本格オープン。

『美観堂』の構想が始まったのは、2016年春。

有鄰庵』の隣の町家をリノベーションして借りられることになり、「そこでどんな事業をするか?」を話し合っていた際に、考えました。

当時はまだ『有鄰庵』のゲストハウスとカフェ、あとは『新古民家再生空間 Barbizon』を運営しているのみの状態。

宿では美観地区やその周りの地域のおすすめの場所をご紹介し、カフェではなるべく地元の食材を使っていましたが、「よりダイレクトに地元の人たちに貢献する事業をするべきだろう」と考え、ショップを行うことにしました。

ショップであれば、私たちが努力して販売したものをそのまま仕入れ値という形で地元の生産者さんにお渡しできるからです。

また、美観地区の中で私たちが「いいな」と思うお店がまだまだ少ないという外部環境ももちろん決め手の一つでした。

「いいな」と思うお店というのは、様々なポイントがありますが、一つ大きいのは「その場所だから扱うことに意味があるもの」の品揃えです。

そのため『美観堂』では、取り扱うものはすべて「岡山県内の生産者、メーカー、職人さんが作っているもの」とルールを設けて、それはもちろん今も崩すことなくこだわっています。

プロデューサー:犬養拓
ディレクター:犬養拓
店舗スタッフ:蓮見夏季
建築設計:倉敷建築工房 楢村徹設計室
店舗ロゴデザイン:nottuo

美観堂公式サイト

はれもけも

はれもけものロゴ

プロデューサー:犬養拓
ディレクター:犬養拓、加藤泰
店舗スタッフ:加藤泰
厨房設計:加藤泰、ホシザキ中国
2階イートインスペースデザイン:犬養拓
2階イートインスペースイラスト:かおかおパンダ
店舗ロゴデザイン:川路あずさ

はれもけも公式サイト

商品・プロダクト

美観堂謹製 黄ニラしょうゆ

美観堂謹製 黄ニラしょうゆ

プロデューサー:犬養拓
ネーミング:犬養拓
製造:とら醤油
パッケージデザイン:川路あずさ